Create Your Life Happy!!

正しい生き方をやめて、楽しい生き方を始めませんか?

スポンサーサイト




寝る前のストレッチ その12「外側の肩を伸ばし、肩こりを改善する」

長時間同じ姿勢で肩こりになりやすい人のための、寝る前のストレッチを紹介します。今回は、「外側の肩を伸ばし、肩こりを改善する」ストレッチです。前回の、「腰痛と冷え性を改善する」ストレッチに続いて行うと効果的です。前回のストレッチをやらずに行う場合は、準備段階として、腹式呼吸をして、脳と身体をリラックスさせましょう。やり方は、「柔軟をする時に意識すること」の記事をご覧ください。では、準備ができたら、外...


寝る前のストレッチ その11「腰痛と冷え性を改善する」

長時間同じ姿勢で腰痛になりやすい人のための、寝る前のストレッチを紹介します。今回は、「腰痛と冷え性を改善する」ストレッチです。前回の、「腰痛を改善し、背骨の歪みを整える」ストレッチに続いて行うと効果的です。前回のストレッチをやらずに行う場合は、準備段階として、腹式呼吸をして、脳と身体をリラックスさせましょう。やり方は、「柔軟をする時に意識すること」の記事をご覧ください。では、準備ができたら、腰痛と...


寝る前のストレッチ その10「腰痛を改善し、背骨の歪みを整える」

長時間同じ姿勢で腰痛になりやすい人のための、寝る前のストレッチを紹介します。今回は、「腰痛を改善し、背骨の歪みを整える」ストレッチです。前回の、「腰痛を改善し、疲労を回復する」ストレッチに続いて行うと効果的です。前回のストレッチをやらずに行う場合は、準備段階として、腹式呼吸をして、脳と身体をリラックスさせましょう。やり方は、「柔軟をする時に意識すること」の記事をご覧ください。では、準備ができたら、...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:含み益3419pips2014年5月からのトレード回数:0回勝敗:0勝0敗勝率:0%累計利益:0pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:0pips今週の米ドルは一方的に下げていく展開となりました。最近は上昇の勢いがあったので、その反動の下げも大きいですね。しばらくはこの調整の動きが続きそうな気がします。──────────────● 編集後記──────────────先週の土曜からアレルギー症状が治...


寝る前のストレッチ その9「腰痛を改善し、疲労を回復する」

長時間同じ姿勢で腰痛になりやすい人のための、寝る前のストレッチを紹介します。今回は、「腰痛を改善し、疲労を回復する」ストレッチです。前回の、「腰痛を改善し、リラックス効果を高める」ストレッチに続いて行うと効果的です。前回のストレッチをやらずに行う場合は、準備段階として、腹式呼吸をして、脳と身体をリラックスさせましょう。やり方は、「柔軟をする時に意識すること」の記事をご覧ください。では、準備ができた...


寝る前のストレッチ その8「腰痛を改善し、リラックス効果を高める」

長時間同じ姿勢で腰痛になりやすい人のための、寝る前のストレッチを紹介します。今回は、「腰痛を改善し、リラックス効果を高める」ストレッチです。前回の、「腰痛と坐骨神経痛を改善する」ストレッチに続いて行うと効果的です。前回のストレッチをやらずに行う場合は、準備段階として、腹式呼吸をして、脳と身体をリラックスさせましょう。やり方は、「柔軟をする時に意識すること」の記事をご覧ください。では、準備ができたら...


寝る前のストレッチ その7「腰痛と坐骨神経痛を改善する」

長時間同じ姿勢で腰痛になりやすい人のための、寝る前のストレッチを紹介します。今回は、「腰痛と坐骨神経痛を改善する」ストレッチです。前回の、「腰痛と便秘を改善する」ストレッチに続いて行うと効果的です。前回のストレッチをやらずに行う場合は、準備段階として、腹式呼吸をして、脳と身体をリラックスさせましょう。やり方は、「柔軟をする時に意識すること」の記事をご覧ください。では、準備ができたら、腰痛と坐骨神経...


英語らしく発音できるようになる30日間のメール講座

「まるでネイティブがしゃべっているようだ」と言われる発音を身につけたくありませんか?「ペラペラにしゃべれるようになりたい」そう思う人は多いのですが、自分が言いたいことを言う技術と、英語の発音の技術は別物です。「ペラペラにしゃべれるようになりたい」というのは、カタカナ交じりのジャパニーズ・イングリッシュではなく、「まるでネイティブがしゃべっているようだ」と言われる発音を身につけたいのではないでしょう...


30日間でマスターする発音講座(音声版)

この講座は、「30日間でマスターする発音講座」の音声版です。文字だけで発音の仕方を伝えるには限界があるので、実際に音声で発音の仕方を解説している講座です。「ペラペラにしゃべれるようになりたい」そう思う人は多いのですが、自分が言いたいことを言う技術と、英語の発音の技術は別物です。「ペラペラにしゃべれるようになりたい」というのは、カタカナ交じりのジャパニーズ・イングリッシュではなく、「まるでネイティブが...


30日間でマスターする発音講座

このたびはブログに訪問していただき、ありがとうございます。僕のブログを読んでいるということは、英語に興味があるか、その他僕が書いている記事に興味があるのだと思います。英語を勉強する目的は人によって様々です。進学、留学のために勉強する人。資格のために勉強する人。昇給、昇進のために勉強する人。旅行のために勉強する人。会話ができるようになりたいから勉強する人。目的があると勉強を続ける動機にもなるので、た...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:含み益3524pips2014年5月からのトレード回数:0回勝敗:0勝0敗勝率:0%累計利益:0pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:0pips18日の水曜、FOMCの声明発表後、相場は大きく動きました。米ドルは2時間足らずで2円近くも下げ、ユーロドルも急上昇。文言一つ削除するだけで、これだけ相場が動くものなんですね。──────────────● 編集後記──────────────今週からやっと春らしく...


抑揚(メリハリ)をつけて発音する その3

前回の記事では、短い文章を例に挙げて、内容語と機能語の強弱を意識して文を読む練習をしました。文章を音読する場合には、「内容語を強く、機能語を弱く」の原則で読めば、特に問題はないかと思います。しかし、実際に会話をするとなると、逆に内容語が弱くなったり、機能語を強く発音したりするケースがあります。言葉のイントネーションと呼ばれるものです。自分がどうしても伝えたい、強調したいものがある時、それが内容語で...


抑揚(メリハリ)をつけて発音する その2

前回の記事では、英語を話す時や、英語の文章を読む時、言葉の抑揚をつけて話すことが大事だという話をしました。内容語は強く発音し、機能語は弱く発音するということでしたね。それでは、簡単な文章を使って実践練習してみましょう。どこに抑揚をつけるか意識しながら、次の文章を声に出して読んでみてください。There are many kinds of radio programs.People often enjoy listening to sportsor their favorite songs.People ...


抑揚(メリハリ)をつけて発音する

前回の記事までで、単語のアクセントについて書いてきました。英語には、各単語に必ずアクセントがあり、どこにアクセントがあるかは、自分で発音して体で覚えていくしかありません。その助けとなるのが、前回の記事までに紹介したアクセントの法則です。全ての単語は網羅していませんし、例外もたくさんありますが、覚えておくと役に立つ規則です。さて、今回の記事からは、文単位での発音、すなわち抑揚の話をしたいと思います。...


アクセントの位置が決まっている接尾辞

前回の「マジックi」の記事では、「i」がつく接尾辞の直前の母音にアクセントがあるという話をしました。ラテン語を語源とする英語には、品詞を区別するために、こうした接尾辞をつける語が多いです。そして、接尾辞をつけることによって、決まった位置にアクセントが来るものもあるのです。今回は、「i」を含む接尾辞以外の接尾辞を取り上げます。実は、「マジックi」以外にも、アクセントの位置が決まる接尾辞は他にもあります。...


「マジックi」の法則 その2

前回の記事の最後で、発音の規則に関する問題を出しました。confuse, class, economy, influenceconfusion, classic, economical, influential上の単語の最後に、「i」を含む接尾辞を加えたのが下の単語です。上の単語と下の単語で、アクセントの規則があるんですが、どんな規則があるか分かりましたか?実は、「i」を含む接尾辞の直前の母音に、必ずアクセントがあるのです。先ほど挙げた単語は、全てそうなっています。もちろん...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:含み益3964pips2014年5月からのトレード回数:0回勝敗:0勝0敗勝率:0%累計利益:0pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:0pips今週の米ドルは、前半大きく上昇し、1ドル122円を突破しました。ここが利確ポイントになったようで、その後は121円まで下げていく展開となりました。ユーロドルは、前回の安値ポイントをブレイクしてからどんどん下げていき、2014年5月から既に4000...


名前動後の法則 その2

前回の「名前動後の法則」の記事では、単語には、昔から使われている、基本単語に当たる英語と、ラテン語から入ってきた英語があるという話をしました。そして、ラテン語から入ってきた英語には、名詞の働きをする動詞もあるという話を紹介しました。前回の記事で紹介した単語をもう一度書きます。record, progress, insult, protest, exportこれらの他にも、名詞と動詞の形が同じ単語はまだまだあります。この名詞と動詞の形が同...


名前動後の法則

前回の「二重母音の法則」の記事では、二重母音があるところ、母音が連続で続いているところにアクセントがあるという話をしました。そして、注意してほしいのは、たとえ二重母音でも、接尾辞にはアクセントが付かないということ。ちなみに、接尾辞に関しては、別の記事で詳しく書いていきます。今回の記事では、名前動後の法則について書きたいと思います。単語は、意味以外にも、品詞という属性を持ちます。例えば、appleは名詞...


「マジックi」の法則

前回の「名前動後の法則」の記事では、アクセントの法則について書きました。ラテン語を起源とする英語の中で、名詞と動詞の形が同じ場合、品詞によってアクセントの位置が変わるのでしたね。名詞なら最初の母音にアクセント、動詞なら2つ目の母音にアクセントがある、という法則があるのです。今回の記事では、ある1つの規則を紹介したいと思います。「マジックi」と呼ばれるもので、僕が勝手に命名したものです。「マジックi」を...


二重母音の法則

前回の「日本人がアクセントを意識できない理由」の記事では、アクセントの重要性について書きました。英語を発音する時は、アクセントを意識して発音しないと相手に伝わらない、ということでしたね。今回の記事では、ある1つの規則を紹介したいと思います。「二重母音の法則」と言いますが、これは僕が勝手に命名したものです。英語には、母音が2つ連続で置かれる時がありますが、これを二重母音と呼びます。例えば、book, eat, f...


日本人がアクセントを意識できない理由

前回の「マジックe」の記事では、母音の発音の規則について書きました。単語の最後が「母音+子音+e」で終わる場合、母音の発音が長母音読みになるということでしたね。発音の規則に関しては、前回の記事までで全てです。他にも細かい発音のルールはあるのですが、前回の記事までで紹介したルールをマスターするだけで、だいぶ英語らしく発音できるようになっているはずです。今回の記事からは、アクセントの位置について書きます...


「マジックe」の法則 その2

前回の記事の最後で、発音の規則に関する問題を出しました。at, sit, us, pet, hopate, site, use, Pete, hope上の単語の最後に、「e」を加えたのが下の単語です。上の単語と下の単語で、母音の発音の規則があるんですが、どんな規則があるか分かりましたか?実は、下の単語の母音の読み方は、全て長母音の読み方になっています。言い換えると、アルファベット読みということです。「a」なら「エイ」、「i」なら「アイ」ですね。at...


「マジックe」の法則

前回の記事までで、母音と子音の発音の仕方を書いてきました。日本語にはない発音の仕方をする、特に注意しなければならない発音を取り上げました。全ての発音は網羅していませんが、今までの記事を読み返して発音の仕方を鍛えていけば、あなたもネイティブに近い発音ができるようになります。今回の記事では、文字と発音の関係について取り上げたいと思います。英語を正確に発音するためには、一つ一つの単語の発音の仕方を覚えな...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:含み益3516pips2014年5月からのトレード回数:0回勝敗:0勝0敗勝率:0%累計利益:0pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:0pips今週は米雇用統計の発表がありました。市場予想よりも良い結果が出て、米ドルは1円以上の上昇。再び121円の壁を突破していきました。ドル高の影響でユーロが大きく下がり、ついに前回の安値をブレイクしていきました。ユーロはギリシア問題を抱えて...


発音が難しい子音(t, d, th)

前回の「発音が難しい子音(l, r)」の記事では、日本語にはないラ行の発音について解説しました。今回の記事では、タ・ダ行と、日本語にはないタ・ダ行の発音について書きたいと思います。では早速、「t」と「d」から。「t」は日本語と同じタ行の発音の仕方で、「d」は日本語と同じダ行の発音の仕方で問題ありません。tie, tea, tip・・・die, deep, duck・・・「t」の発音で気をつけなくてはいけないのは、「ti」の発音です。tea...


発音が難しい子音(l, r)

前回の「発音が難しい子音(h, f, b, v)」の記事では、日本語にはないファ・ヴァ行の発音について解説しました。今回の記事では、日本語にはないラ行の発音について書きたいと思います。今回取り上げる子音は、「l」と「r」ですが、実はどちらも日本語のラ行とは少し異なります。つまり、発音の仕方が違うということです。日本語で「らりるれろ」と言ってください。舌が口の中の上の部分に触れていることが分かります。この舌の位...


発音が難しい子音(h, f, b, v)

前回の「発音が難しい子音(s, z, sh, j)」の記事では、日本語にはないサ行とザ行の発音について解説しました。今回の記事では、ハ・バ行と、日本語にはないファ・ヴァ行の発音について書きたいと思います。では早速、「h」と「b」から。「h」は日本語と同じハ行の発音の仕方で、「b」は日本語と同じバ行の発音の仕方で問題ありません。high, hello, hat・・・buy, beat, book・・・特に難なく発音できると思います。発音が難しい...


発音が難しい子音(s, z, sh, j)

前回の「有声音と無声音」の記事では、のどが震える発音をする有声音と、のどを震わせず発音をする無声音について書きました。今回の記事では、子音の中でも、日本語の発音にはない、発音がやや難しい子音を取り上げたいと思います。では早速、「s」と「z」から。「s」はサ行、「z」はザ行ですが、発音が難しいのは、これに「i」の音を加えた場合だと思います。アルファベットの「c」と「z」を発音してみてください。「c」は「シー...


有声音と無声音

前回の記事までで、母音の発音の仕方について書いてきました。今回の記事では、子音を絡めた発音について書いていきたいと思います。英語らしく発音する上で大事なのは、まず母音の発音です。母音の発音を正しく発音できれば、ネイティブの発音にだいぶ近づきます。前回の記事までの内容をしっかり読み、意識して発音する練習をしてください。あともう一つ、発音を意識する上で押さえてほしいポイントがあります。それは、有声音と...


Menu

カテゴリ ▼

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

プロフィール ▼

最新トラックバック ▼

カウンター ▼

QRコード ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。