Create Your Life Happy!!

正しい生き方をやめて、楽しい生き方を始めませんか?

スポンサーサイト




接頭辞「de」=down, away, not:下へ、離れて、否定

今日紹介する接頭辞は「de」です。意味としては、down, away, not「下へ、離れて、否定」の属性を持ちます。では、「de」から始まる、代表的な単語を見ていきましょう。decrease:減らす、減少depart:出発するdestroy:破壊するdetail:詳細depend:依存する・・・いかがでしょうか?単語の意味に「下へ、離れて、否定」の属性が付いていますね。単語を覚える際の参考にしてみてください!...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:トレードなし2014年5月からのトレード回数:1回勝敗:1勝0敗勝率:100%累計利益:2800pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:2800pips今週もドル円は伸び、124円を突破しました。ユーロドルも1.100ユーロ/ドルを割り、今までの上昇の勢いもなくなってきました。むしろこれからさらに大きく下げるためにリトレイスだったかもしれないと考えると、ドル相場はさらに大きく動いて...


接頭辞「con」=with, together:共に、一緒に

今日紹介する接頭辞は「con」です。意味としては、with, together「共に、一緒に」の属性を持ちます。では、「con」から始まる、代表的な単語を見ていきましょう。connect:結びつけるcollect:集める、集まるcompanion:仲間、連れcomplicated:複雑なcomponent:構成要素・・・いかがでしょうか?単語の意味に「共に、一緒に」の属性が付いていますね。それから、気づいたかと思いますが、conは、後ろに来る語幹に合わせて、nが...


接頭辞「bi」=two:2つの

今日紹介する接頭辞は「bi」です。意味としては、two「2つの」の属性を持ちます。では、「bi」から始まる、代表的な単語を見ていきましょう。biathlon:バイアスロンbicycle:自転車bilingual:2言語を使えるbipod:2脚のbisect:二分する・・・いかがでしょうか?単語の意味に「2つの」の属性が付いていますね。後で紹介しますが、triから始まる単語は「3つの」という属性を持ちます。単語を覚える際の参考にしてみてください!...


接頭辞「ab」=away:離れて

今日紹介する接頭辞は「ab」です。意味としては、away「離れて」の属性を持ちます。では、「ab」から始まる、代表的な単語を見ていきましょう。abduct:誘拐するabject:見捨てられた, みじめなabnormal:異常なabstain:控えるabuse:誤用、誤用する・・・いかがでしょうか?単語の意味に「離れて」の属性が付いていますね。後で紹介しますが、abの反対の意味を持つ接頭辞は「ob」で、「近づいて」の意味を持っています。単語を覚...


接頭辞「ad」=to, at, towards:~へ、~に

今日から接頭辞について書いていきます。今日紹介する接頭辞は「ad」です。意味としては、to, at, towardsなど、「移動、方向、変化、完成、付加、開始」などの属性を持ちます。では、「ad」から始まる、代表的な単語を見ていきましょう。abed:床についている, 寝たきりのacquire:手に入れる, 習得するadmit:認めるannounce:発表するappetite:食欲・・・いかがでしょうか?単語の意味に「移動・方向・変化」などの属性が付い...


語の成り立ちを考える

「単語を効率的に覚える方法」これに関して、行きついた先が、「語の成り立ちから覚える」です。難しい英単語を覚えるのは、ちょうど僕らが漢字を覚えるのと似ている気がします。僕たちが漢字を覚える時、何度も必死に紙に書いて覚えたと思います。それと同時に、「へん」や「つくり」も覚えましたよね。そして、それらは、言葉のイメージにもつながっていることに気づいたと思います。例えば、「机」「椅」「板」などは全て「きへ...


効率的に単語を覚える方法

あなたは何のために英語を勉強していますか?あなたが学生なら、・資格を取るため・大学入試に合格するためなど、卒業後の進路に直結していると思います。もしあなたが学校を卒業し、社会人になっているなら、・昇進、転職のため・海外転勤、海外旅行のためといった、実生活の必要性から英語を勉強しているかもしれません。いずれにしても、勉強をしていく上で、大きく立ちはだかっている壁があります。それは何かというと、「語彙...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:トレードなし2014年5月からのトレード回数:1回勝敗:1勝0敗勝率:100%累計利益:2800pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:2800pips今週は米国の大きな経済指標が2つあり、いずれも米国にとって、予想よりも良い数字が出たこともあり、ドルが大きく伸びました。ドル円も121円半ばまで伸び、ユーロドルも、節目となるレジスタンスラインの1.100ユーロ/ドルまで落ちてきました...


フロントスピーカー+リアスピーカー(全体のバランス調整)

前回の「フロントスピーカー+リアスピーカー(Mid・Lowの出力調整)」の記事では、「Mid」と「Low」レンジのバランス調整の仕方について書きました。「Mid」と「Low」のバランス調整が終わったら、最後に、「High」のミュートを解除して、全体的な聞こえ具合をチェックします。・真正面から聞こえているか・音に左右の偏りはないか・音が分離したり、ダブって聞こえたりしないか・ツイーターの音が埋もれていないか・高音がキンキ...


フロントスピーカー+リアスピーカー(Mid・Lowの出力調整)

前回の「フロントスピーカー+リアスピーカー(High・Midの出力調整)」の記事では、「High」と「Mid」レンジのバランス調整の仕方について書きました。今回の記事は、出力調整の工程の4つ目の、「「Mid」と「Low」レンジのバランス調整」について書いていきます。前回の記事では、高音域と中音域の聞こえ具合に違和感がないかをチェックしました。今回調整するのは、中音域と低音域の聞こえ具合に違和感がないかをチェックします...


フロントスピーカー+リアスピーカー(High・Midの出力調整)

前回の「フロントスピーカー+リアスピーカー(左右の出力調整 その2)」の記事では、「Mid」レンジのバランス調整の仕方について書きました。今回の記事は、出力調整の工程の3つ目の、「「High」と「Mid」レンジのバランス調整」について書いていきます。前回の記事までで、「High」・「Mid」レンジとも、左右の音のずれと音量バランスを整えました。今回調整するのは、高音域と中音域の聞こえ具合に違和感がないかをチェックしま...


フロントスピーカー+リアスピーカー(左右の出力調整 その2)

前回の「フロントスピーカー+リアスピーカー(左右の出力調整)」の記事では、「High」レンジ(ツイーター)のバランス調整の仕方について書きました。今回の記事は、出力調整の工程の2つ目の、「「Mid」レンジの左右のバランス調整」について書いていきます。左右のバランス調整の仕方は、前回の記事のやり方と全く同じです。前回の工程と同じ要領で書いていきますので、分かる人はここから先は読まなくても大丈夫です。まずは、...


フロントスピーカー+リアスピーカー(左右の出力調整)

前回の「フロントスピーカー+リアスピーカー(リスニングポジション)」の記事では、リスニングポジションを選ぶポイントについて書きました。今回の記事では、左右の出力調整の仕方について書きたいと思います。その前に、スピーカーの構成について、もう一度書きます。ネットワークありの場合の構成は、High:リアツイーターMid:フロントスピーカー+ツイーター(ネットワーク)Low:リアスピーカーネットワークなしの場合の構...


フロントスピーカー+リアスピーカー(リスニングポジション)

今回の記事からは、スピーカーの出力調整について書いていきます。出力調整をする前に、まずは音域の調整をしておいてください。音域の調整については、前回の記事までに書いてあります。それぞれのスピーカーからどこの音域を出力させるか、音の担当を決めるのが先です。そして、次に、左右のスピーカーの聞こえ具合や、他のスピーカーとの音の大きさのバランスを決めます。音域の調整が終わったという前提で、これから話を進めて...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:トレードなし2014年5月からのトレード回数:1回勝敗:1勝0敗勝率:100%累計利益:2800pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:2800pipsドル円は今週も119円と120円の間のレンジ相場でした。ユーロドルはじわりじわりと上昇中です。底値の時からもう1000pips近く上昇しています。ロングでホールドしておくのが当然いいのですが、まだ買っていなければ、一旦下がるのを待っておい...


フロントスピーカー+リアスピーカー(低音域の調整 その2)

前回の「フロントスピーカー+リアスピーカー(低音域の調整)」の記事では、「Mid」レンジと「Low」レンジの低音域の調整の仕方について書きました。今回の記事では、僕の調整例を取り上げて解説したいと思います。低音域を調整する上で大事なのは、「低音をどう聞くか」です。リアスピーカーに全ての低音を任せると、音がこもったり曖昧な音になりやすいです。ベース、ドラム、その他の楽器の低音部などを、一つのスピーカーで鳴...


フロントスピーカー+リアスピーカー(低音域の調整)

前回の「フロントスピーカー+リアスピーカー(高音域の調整 その2)」の記事では、「Mid」レンジと「High」レンジの高音域の調整の仕方について書きました。今回の記事では、「Mid」レンジと「Low」レンジの低音域の調整の仕方について書いていきます。「Mid」レンジの音域を調整する時は、「High」「Low」レンジの出力をミュートにしておいてください。前回の記事で、「Mid」レンジの上の担当音域を決めるために、LPF(ローパス...


フロントスピーカー+リアスピーカー(高音域の調整 その2)

前回の「フロントスピーカー+リアスピーカー(高音域の調整)」の記事では、「High」レンジの調整について書きました。今回の記事では、「Mid」レンジと「High」レンジの担当音域について書いていきます。前回の記事で、「High」レンジ(ツイーター)の担当音域は、高音域が中心だと書きました。出力しない下の音域(低音域~中音域)をカットするために、HPF(ハイパスフィルター)を使うのを覚えているでしょうか?「High」レン...


フロントスピーカー+リアスピーカー(高音域の調整)

前回の記事までで、「フロントスピーカー+リアスピーカー」の構成で、ネットワークを付ける場合と、付けない場合の配線について書きました。配線の構成をもう一度書きます。ネットワークを付ける場合:High:リアツイーターMid:フロントスピーカー+ツイーター(ネットワーク)Low:リアスピーカーネットワークを付けない場合:High:フロントツイーターMid:フロントスピーカーLow:リアスピーカーこれからの記事では、各レンジ...


フロントスピーカー+リアスピーカー(ネットワークなしの配線について)

「フロントスピーカー+リアスピーカー」の構成で、各スピーカーからの端子を、どのレンジの端子につなげるかについて書いていきたいと思います。前回の記事では、フロントスピーカーとツイーターに、ネットワークを使う組み合わせを書きました。構成をもう一度書くと、High:リアツイーターMid:フロントスピーカー+ツイーター(ネットワーク)Low:リアスピーカーということになります。今回の記事では、ネットワークを使わない...


フロントスピーカー+リアスピーカー(ネットワークありの配線について)

「フロントスピーカー+リアスピーカー」の構成で、各スピーカーからの端子を、どのレンジの端子につなげるかについて書いていきたいと思います。まず、周波数の帯域(音域)調整について、ネットワークを付ける場合と付けない場合とで分けて書いていきます。ネットワークを付ける場合は、スピーカー同士の音域の調整をする必要がないので、調整が面倒な人はネットワークを使いましょう。ネットワークを付ける場合、一つの大きなスピ...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:トレードなし2014年5月からのトレード回数:1回勝敗:1勝0敗勝率:100%累計利益:2800pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:2800pips今週は米雇用統計の発表がありました。ドル円は119円と120円を行ったり来たりし、やや大きめのレンジ相場となっています。ユーロドルは相変わらず上昇が続いてますね。──────────────● 編集後記──────────────GW中に鳥取に行ってきました。...


フロントスピーカー+リアスピーカー

車内のスピーカー構成が、フロントスピーカー(前側のドアスピーカー+ツイーター)+リアスピーカー(後ろ側のドアスピーカー+ツイーター)の場合について書きたいと思います。この場合、ヘッドユニットは、「DEH-970」と「DEH-P01」のどちらを選んでも構いません。細かい調整で、少しでも音質アップを目指すなら、「DEH-P01」を選びましょう。・・・先に伝えておきますが、「フロント+リアスピーカー」の構成はあまりお勧めし...


運動前のウォームアップ講座

このたびはブログに訪問していただき、ありがとうございます。僕のブログを読んでいるということは、ウォームアップの仕方に興味があるか、その他僕が書いている記事に興味があるのだと思います。あなたが現役のスポーツ選手であれば、運動前に、ストレッチ・柔軟や、ランニングなどのウォームアップをしていると思います。趣味でスポーツしていたり、ダイエットや、身体を鍛える目的で運動をしていても、やはりウォームアップは欠...


運動前のウォームアップ その11

前回の「運動前のウォームアップ その10」の記事では、前屈と肩のストレッチについて書きました。今回はその続きを書いていきます。上体を起こしたら、両手を腰に当てます。ゆっくり息を吸って背筋を伸ばします。ゆっくり息を吐きながら、上体を前に倒し、床に手をつきます。次に、床に手をついたまま、両手を右足のそばまで移動させます。右足のそばに手をついたら、さらに深く前屈し、お腹と右足をできるだけ近づけます。ここで...


運動前のウォームアップ その10

前回の「運動前のウォームアップ その9」の記事では、体側のストレッチについて書きました。今回はその続きを書いていきます。上体を起こしたら、息を吐いて腕を下ろし、つま先を正面に向けます。次に、両手を腰に当てます。ゆっくり息を吸って背筋を伸ばします。ゆっくり息を吐きながら、上体を前に倒していきます。地面と水平辺りまで上体を倒したら、腰を左右に振ったり、上体をねじったり、上体を前後に振ったりして、腰の筋肉...


運動前のウォームアップ その9

前回の「運動前のウォームアップ その8」の記事では、前足を曲げ、後ろ足を伸ばした太ももの筋力トレーニングについて書きました。今回はその続きを書いていきます。両腕を後ろから回してきたら、下半身の姿勢をキープしたまま、右手を前足の右側に置きます。ゆっくりと息を吸いながら、上体を左側へ向け、左手を天井に向かって伸ばします。胸はしっかり開き、顔は天井を見るようにしましょう。後ろ足のひざが曲がりやすいので、後...


運動前のウォームアップ その8

前回の「運動前のウォームアップ その7」の記事では、体側のストレッチについて書きました。今回は「運動前のウォームアップ その6」の反対側の動きを書いていきます。四つん這いの姿勢になったら、両手の間に左足を置きます。右足のつま先を立てます。右足のひざを床から離して、右ひざを伸ばします。左ひざは立てたままで、左足のかかとの真上にひざが来るようにします。前後に開いた両足で体を支えながら、両手を床から離し、上...


今週のシステムの運用成績

ユーロドル長期スイングトレード:2800pips2014年5月からのトレード回数:1回勝敗:1勝0敗勝率:100%累計利益:2800pips累計損失:0pips最大ドローダウン:0pips累計獲得pips:2800pips今週はユーロが急上昇。ユーロドルは、直近の最高値である1.100ユーロ/ドルを突破。ここを突き抜けたということは、いよいよトレンドが変わるサインと見ていいでしょう。今は上げ続けていますが、戻りが1.100を割れなければ、上昇のトレンドが始...


Menu

カテゴリ ▼

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

プロフィール ▼

最新トラックバック ▼

カウンター ▼

QRコード ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。