Create Your Life Happy!!

正しい生き方をやめて、楽しい生き方を始めませんか?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

車内静音化(外部に漏れる音をカットしよう)




前回の記事までは、
外部から入ってくる騒音対策の手順を書きました。

今回の記事では、
外部に漏れる音をできるだけ低減する方法について
書きたいと思います。


外部に漏れる音として、特にうるさいのはエンジン音です。

これは、前回の記事で紹介した

エンジンルーム静音シート

を貼るだけで、
車内にも、車外にも
エンジン音の漏れが大きく改善されます。

なので、静音シートを貼るのがまず一つ。


それから、次に、ドアスピーカーの音漏れ対策です。

スピーカーを普通にドアにつけているだけでは、
音量を少し上げるだけで、
すぐに外部に音が漏れてしまいます。


これを防ぐために、
ドアの内張り(車内側)と外張り(車外側)に
防音(遮音)・吸音・制振処理を施す必要があります。

この作業をデッドニングと呼びます。

デッドニングは車内スタジオ化には必要不可欠の作業なので、
スピーカーやヘッドユニット(オーディオプレーヤーやナビ)を交換する前に、
まずこれから始めてください。


音が濁ったり、聞こえにくかったりするのは、
外部からの雑音が原因であるのと、
外部に音が漏れているせいで、
スピーカーの性能が十分に発揮されていないのが大きな原因です。

それから、
ドアスピーカーだけが低音から高音まで担当している
のもあるかもしれません。


スピーカーに関しては、後日詳しく書こうと思います。

ということで、スピーカーの性能を十分に活かすために、
まずはデッドニングから始めていきましょう。


自分でドアの内張りを外せる人は、
音を鳴らしながら細かい微調整ができるので、
最高の車内環境が作れます

内張りを剥がすのは相当面倒な作業ですが、
何度かやっている内に、作業の仕方を覚えるようになります。

時間も手間もかかりますが、
一番コストもかからず、かつ最高の環境を作れるので、
是非トライしてみてください。


内張りの外し方については、
みんカラ」という車のSNSで、

自分の車種+デッドニングあるいは内張り、外し方(剥がし方)

などで検索すれば出てきますので、
プリントアウトして、工程を見ながら作業するといいでしょう。


自分でやるのが面倒だとか、そんな時間がないという人は、
オートバックスや、専門の施行業者にやってもらうといいと思います。

作業代は非常に高価ですが、
スピーカーやヘッドユニットを交換する以上の
劇的な音響の変わりようです。


車内がさらに静かになるのと、
音の残響(エコー)がなくなるので、
より締まった音になり、
はっきりと、細かい音まで聞き取れるようになります。

歌手が目の前で歌い
目の前で楽器を演奏してくれているような感覚になります。


デッドニングに使うシート等は、
最初はデッドニングキットを購入することをお勧めします。

エーモンから各種様々なタイプが出ていますが、
車内スタジオ化を目指すなら、
当然ハイグレードのタイプを買いましょう。


後部座席用のスピーカーをつけるかは賛否ありますが、
デッドニングは車内静音化にも効果があるので、
後部ドアにスピーカーをつけなくても、
ドアのデッドニングだけでもしておきましょう。

デッドニングキットを使って、手順通りに貼っていき、
足りなくなればシートを追加補充する、という風にすれば
一番お金もシートも無駄なく使えると思います。


デッドニングは一度やってしまえば、
後で貼り直すとか交換などの必要がないので、
コストパフォーマンスとしては最高です。

ということで、お金に余裕はあっても、
業者任せにせず、是非自分でチャレンジしてみてください!
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment[この記事へのコメント]

デットニングキット 

今はデットニングキットも数多く発売されていますね。私の車はデットニング未実施なのですが色々検討してみようと思います。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カテゴリ ▼

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

プロフィール ▼

最新トラックバック ▼

カウンター ▼

QRコード ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。