Create Your Life Happy!!

正しい生き方をやめて、楽しい生き方を始めませんか?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

フロントスピーカー+リアスピーカー(高音域の調整)




前回の記事までで、
「フロントスピーカー+リアスピーカー」の構成で、
ネットワークを付ける場合と、
付けない場合の配線について書きました。

配線の構成をもう一度書きます。


ネットワークを付ける場合:

High:リアツイーター
Mid:フロントスピーカー+ツイーター(ネットワーク)
Low:リアスピーカー


ネットワークを付けない場合:

High:フロントツイーター
Mid:フロントスピーカー
Low:リアスピーカー


これからの記事では、
各レンジ(音域)に関して、
どの帯域からどの帯域まで出力させるかを
書いていきたいと思います。


まずは、音域調整をする前に、
オートタイムアライメントをしておきましょう。


DEH-970、DEH-P01ともに付いている機能で、
運転者の頭の位置からの、
各スピーカーまでの距離を
測定してくれる機能です。

これをやっておくことで、
音のずれがなくなります。


メジャーを使って、
マニュアルで調整することもできますが、
結構手間がかかります。

マニュアルでの調整については、
出力調整の時に書きたいと思います。


さて、オートタイムアライメントが完了したら、
ヘッドユニットの音域調整メニューを表示し、
「Mid」と「Low」レンジの出力を
「ミュート(無音)」にし、
「High」レンジのみ出力させます。


ネットワークを付ける構成だと、
リアツイーターから音が出ていて、
ネットワークを付けていない構成だと、
フロントツイーターから音が出ていると思います。


ツイーターからは、高音域を中心に、
ドラムのハイハット(シンバル)や、
ピアノ、ギターやバイオリンの弦の高音部分が
よく聞こえればオーケーです。


「DEH-970」でも「DEH-P01」でも、
「High」レンジには、
HPF(ハイパスフィルター)が付いています。

これは、設定した周波数より
下の帯域の出力を抑えたり、
カットしたりすることができる機能です。


ツイーターから低音域を出力させると
ツイーターが壊れてしまう可能性があるので、
HPFを使って、低音域をカットします。

HPFを使って、
ツイーターでどこまでの音域を出したいか
自分で調整してみましょう。


僕の場合(DEH-P01)は、
800Hz以上を出力させ、
そこからスロープを36dBにし、
800Hz以下の音をカットしています。


800Hz以上の帯域は、高音を担当する楽器や、
女性ボーカル(ソプラノ)が聞こえます。

リアツイーター(上部)から
人の声が聞こえるのは違和感がある場合、
HPFをもう少し上げてもいいと思います。


なお、音を調整する時は、
自分のCDや、
再生デバイスを使っても構いませんが、
芸文社から出ている、

「カーオーディオ・パーフェクト・セオリーブック2」(石田功著)

を使って調整することをお勧めします。


次回は、Midの調整について書いていきます。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カテゴリ ▼

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

プロフィール ▼

最新トラックバック ▼

カウンター ▼

QRコード ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。