Create Your Life Happy!!

正しい生き方をやめて、楽しい生き方を始めませんか?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

フロントスピーカー+リアスピーカー(高音域の調整 その2)




前回の
「フロントスピーカー+リアスピーカー(高音域の調整)」
の記事では、
「High」レンジの調整について書きました。


今回の記事では、
「Mid」レンジと「High」レンジの
担当音域について書いていきます。


前回の記事で、
「High」レンジ(ツイーター)の担当音域は、
高音域が中心だと書きました。


出力しない下の音域(低音域~中音域)
をカットするために、
HPF(ハイパスフィルター)を使うのを
覚えているでしょうか?


「High」レンジには、
仮に1.25k(1250)Hz以下にHPFをかけたとして
話を進めていきます。

「Mid」レンジの音域を調整する時は、
「High」「Low」レンジの出力を
ミュートにしておいてください。


では、「Mid」レンジには、
どこの音域を担当させればいいでしょうか?


答えを言う前に、
「Mid」レンジでカットできる
音域について書きます。


「DEH-970」の「Mid」レンジは、
250Hzより下の音域(20Hzまで)を
カットできるHPFがあります。

そして、1.25kHzより上の音域(12.5kHzまで)
をカットできるLPF(ローパスフィルター)があります。


「DEH-P01」の「Mid」レンジには、
16kHzより下の音域(20Hzまで)を
カットできるHPFがあります。

そして、25Hzより上の音域(20kHzまで)
をカットできるLPFがあります。


今回は、
「Mid」と「High」の音のつながりをよくするため、
「Mid」レンジのLPFを使います。

LPFを使って、
どこまで高音域を出力させたいか
(どこからの高音域をカットしたいか)、
自分で調整してみましょう。


「High」レンジ(高音域)が下限1.25kHzまで
担当していると仮定しているので、
「Mid」レンジ(中音域)は、
上限1.25kHzまで担当させるのが
一つの方法です。


つまり、「Mid」レンジの
1.25kHzのところでLPFをかけます。

スロープの角度は、
「High」レンジの音と一緒に聞きながら
調整していきます。


LPFの設定が終わったら、
一度「High」レンジのミュートを解除し、
「Mid」と「High」で、
音がスムーズにつながっているか
確認してください。


音が分離していたり、
ダブって聞こえるようであれば、
「Mid」レンジのLPFのスロープの角度を
強く(急に)してみましょう。


または、「High」レンジのHPFを一つ上げて、
フィルター同士が重なり合わないように離します。

例えば、「Mid」レンジのLPFを
1.25kHzのままにするのであれば、
「High」レンジのHPFを
1.6kHzにするということです。


スロープが交わったところが
-3dBのところになるように調整すれば、
音のつながりが良くなります。

詳しくは説明書をご覧ください。


僕のセッティング(DEH-P01)は、
「High」のHPFは800Hzに、
「Mid」のLPFは5kHzにしています。
(どちらもスロープは36dB)

つまり、800Hz~5kHzの帯域は、
「High」「Mid」とも出力しているということです。


やや高めの中音域~高音域が
被ってしまっているのですが、
これには理由があります。


800Hz~5kHz辺りまでの、
やや高めの中音域~高音域を
担当する主な楽器は、
女性ボーカル(ソプラノ)、バイオリン、
笛(フルートやピッコロ)、
ピアノの高音部分などです。


音楽を聴く上で欠かせない重要パートが、
「High」レンジ(ツイーター)からだけだと、
心もとない音になってしまうからです。

クリアな音よりも迫力ある音を
重視した結果ということです。


実際のところは、ダブったように聞こえるどころか、
迫力感がありつつ、
クリアで繊細な音を鳴らすという、
とても理想的な音響に仕上がっています。

これは、ヘッドユニット・スピーカーが
高性能であるおかげでしょう。


スピーカーによって帯域を分けるか、
それとも一緒に出力するか、
これは個人的な好みなので、
いろいろいじってみて、
自分が納得のいく音を
追求してもらえればと思います。


さて、今回の記事では、
「Mid」レンジのLPFの調整について書きました。


次回、「Mid」レンジの、
HPFの調整について書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カテゴリ ▼

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

プロフィール ▼

最新トラックバック ▼

カウンター ▼

QRコード ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。