Create Your Life Happy!!

正しい生き方をやめて、楽しい生き方を始めませんか?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

フロントスピーカー+リアスピーカー(低音域の調整 その2)




前回の
「フロントスピーカー+リアスピーカー(低音域の調整)」
の記事では、
「Mid」レンジと「Low」レンジの
低音域の調整の仕方について書きました。


今回の記事では、
僕の調整例を取り上げて解説したいと思います。


低音域を調整する上で大事なのは、
「低音をどう聞くか」です。


リアスピーカーに全ての低音を任せると、
音がこもったり曖昧な音になりやすいです。

ベース、ドラム、その他の楽器の低音部などを、
一つのスピーカーで鳴らそうとするのですから、
音が曖昧になって当然です。


僕の場合は、
低いベースの音(地響きのようなウーンという音)と、
ドラムキック(ドンッドンッという音)を、
よりはっきりと聞こえるようにさせるために、
ウーファーを付けています。


今回のセッティングは、
リアスピーカーをウーファーの代わりにして
低音を鳴らすわけですから、
正直あまり迫力のある低音は期待できません。


ちなみに、低音の音域を詳しく書くと、
低いベースの音なら30~60Hz辺りで、
ドラムキックは60~80Hz辺りです。


ということで、一つの例として、
「Low(リアスピーカー)」のLPFは80Hzにし、
18dBのスロープをかけます。


さて、「Low」のLPFの設定が終わったら、
「Mid」レンジのミュートを解除します。

そして、「Mid(フロントスピーカー)」と
「Low(リアスピーカー)」で、
低音がどのように出ているかを確認します。


リアスピーカーからの低音域(ベース・ドラム)を
はっきり聞こえるようにしたい場合は、
「Mid」のスロープを強く(急に)します。


僕の場合は、
「Mid(フロントスピーカー)」のHPFは125Hz、
スロープは36dBにしています。

125~160Hzの音域は、
高いベースの音
(メロディやリズムを担当する音)で、
フロントスピーカーからは
高めの低音を出力させています。


ちなみに、
「Mid」から125Hz以下の音を出力させると、
フロントスピーカーからも
ドラムキックの音が鳴り、
ドアが振動しやすくなるのでお勧めしません。

デッドニングをしっかりしていれば、
やや高めのベースの音ぐらいでは振動しません。


「Mid」のHPFを決めるのは
なかなか難しいのですが、
「Low(リアスピーカー)」からも音を出してみて、
自分の納得のいくまで
いろいろいじって調整してみてください。


一つ注意事項として、
DEH-970には、
「Low」のHPFがありません
(DEH-P01にはあります)。


32Hz以下の超重低音も
リアスピーカーから出ることになりますが、
あまり大きな音を出し過ぎると、
窓がビリビリと振動するだけで、
不快極まりないので注意してくださいね。


音域の調整については、今回の記事で終了です。


音域の調整は
ものすごく時間がかかる作業なのですが、
どんなに時間をかけてでも、
理想の音響を追求してほしいと思います。


次回からは、出力の調整について
書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カテゴリ ▼

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

プロフィール ▼

最新トラックバック ▼

カウンター ▼

QRコード ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。