Create Your Life Happy!!

正しい生き方をやめて、楽しい生き方を始めませんか?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

フロントスピーカー+リアスピーカー(左右の出力調整)




前回の
「フロントスピーカー+リアスピーカー(リスニングポジション)」
の記事では、
リスニングポジションを選ぶ
ポイントについて書きました。


今回の記事では、
左右の出力調整の仕方について
書きたいと思います。


その前に、スピーカーの構成について、
もう一度書きます。


ネットワークありの場合の構成は、

High:リアツイーター
Mid:フロントスピーカー+ツイーター(ネットワーク)
Low:リアスピーカー

ネットワークなしの場合の構成は、

High:フロントツイーター
Mid:フロントスピーカー
Low:リアスピーカー

でしたね。


どちらの構成でも、調整の仕方は同じです。

今回は、「High」レンジの左右の調整をします。


まずは、「Mid」「Low」をミュートにします。


「High」レンジの音だけを聞いてみて、
音が左または右に傾いていないか
チェックします。


AUTO TAがきちんと行われていれば、
音が左右どちらかに偏ることなく
聞こえるはずです。


しかし、もし、左右で音がずれていたり、
どちらかの音量が
小さかったりするようであれば、
距離と音量の調整をしなければなりません。


左右バランスよく聞こえている場合は、
今回の調整は終了なので、
この後の記事は読む必要はありません。


音がずれて聞こえる場合、
AUTO TAは切り、
マニュアルで調整していきます。

ちなみに、マニュアルで調整するとなると、
途方もない作業が待っていますので
覚悟してください。


マニュアルで調整する場合、
自分の位置から一番近い
スピーカーの距離を基準にして考えます。


今は、
「High」レンジの調整をしているので、
自分の頭の位置(ヘッドレスト)から、
近い方のツイーターまでの距離を、
巻尺などを使って測ります。


その距離をヘッドユニットに入力した後、
反対側のツイーターの距離を入力します。

これは巻尺で測ってもいいのですが、
自分で音を聞きながら距離を調整する方が、
バランスが整います。


音がずれるのは、
ツイーターからヘッドレストまでの
距離がおかしいからです。


自分から見て、遠い方のツイーターの
音が届くのが遅い(または早すぎる)
ということです。

逆に言えば、自分から見て、
近い方のツイーターの音が届くのが
早い(または遅すぎる)ということですね。


遠い方のツイーターの距離(数値)を
遠くすればするほど、
遠い方のツイーターの音が
早く届くようになります。

逆に、遠い方のツイーターの
音が早く聞こえるなら、
距離を短くします。


左右からの音のずれがなくなったら、
次に、音量の調整をします。


左右どちらかの音が小さく聞こえる場合、
小さく聞こえる側の「High」の音量を上げます。

または、逆に、
大きく聞こえる側の
「High」の音量を下げても構いません。


数値をいろいろいじってみて、
左右のバランスが取れるまで何度も聞き、
納得のいくまでトライ&エラーを
繰り返していきます。


「High」レンジの左右のバランス調整は以上です。


次回、「Mid」の左右のバランス調整について
書いていきます。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カテゴリ ▼

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

プロフィール ▼

最新トラックバック ▼

カウンター ▼

QRコード ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。