Create Your Life Happy!!

正しい生き方をやめて、楽しい生き方を始めませんか?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

語の成り立ちを考える




「単語を効率的に覚える方法」


これに関して、行きついた先が、

「語の成り立ちから覚える」

です。


難しい英単語を覚えるのは、
ちょうど僕らが漢字を覚えるのと
似ている気がします。


僕たちが漢字を覚える時、
何度も必死に紙に書いて覚えたと思います。


それと同時に、
「へん」や「つくり」も覚えましたよね。

そして、それらは、
言葉のイメージにもつながっていることに
気づいたと思います。


例えば、
「机」「椅」「板」
などは全て「きへん」ですが、
いずれも「木」でできているイメージがします。


高校以上で習う英単語も同じように、
「へん」や「つくり」に相当するものがあります。


英語には主に3つのパートに分かれていて、
「接頭辞」「語幹、語根」「接尾辞」
と呼ばれています。


re-から始まる語は
「再び」というイメージがあるとか、
聞いたことがありますよね。

これを体系的に覚えていくことで、
単語を効率的に覚えることができます。


高校レベルまでの単語なら、
接頭辞と接尾辞だけで十分でしょう。


でも、大学で使うような専門書や、
英字新聞をすらすら読めるレベル、
英検準1級以上や、
TOEIC800以上の語彙となると、
語幹(語根)も覚えていく必要があります。


大学で、第2外国語として、
フランス語、イタリア語、スペイン語、
ポルトガル語など、
ラテン語系の言語を勉強した人なら
気づいたかと思いますが、
英語の語幹は、
大部分がラテン語から入っています。

なので、ラテン語を勉強することが、
そのまま英語の語彙力構築に直結します。


これからシリーズで、
接頭辞、語幹、接尾辞について
書いていこうと思います。


現在体系的にまとめているところですが、
相当なボリュームになることが予想されます。

記事数にして、
200は余裕で超えてしまうでしょう。


ある程度のボリュームになったら、
メール配信していこうと考えています。

もしあなたが、単語の成り立ちから
英単語を覚えていこうと思っているなら、
とてもありがたいシステムに
なるかもしれません。


どうぞ楽しみに待っていてくださいね。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カテゴリ ▼

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

プロフィール ▼

最新トラックバック ▼

カウンター ▼

QRコード ▼

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。